水墨画部門

水墨画部門

水墨画・墨彩画・俳画

中国に生まれ、鎌倉時代に禅宗とともに日本に伝わったとされる水墨画。墨の濃淡を主体とし、にじみやかすれを通じて万物を表現する、その風趣で深遠なる世界に魅せられる人は今も後を絶ちません。この部門では、東洋の伝統絵画である水墨画と、俳句の精神を表現した俳画作品を、流派・社中を超えて募集します。

選考委員会

実行委員は、審査結果と無鑑査の承認の任に当たります。

実行委員長
品川 惠保 公益財団法人国際文化カレッジ理事長
実行委員
河野 元昭 静嘉堂文庫美術館館長・東京大学名誉教授
実行委員
島尾 新 学習院大学教授
実行委員
町田 泰宣 公益社団法人日本南画院会長

審査員

審査は委嘱審査員の中から、当番審査員を選出して行います。

  • 審査委員長

    品川 惠保
    公益財団法人国際文化カレッジ理事長
  • 委嘱審査員

    五十嵐玉俊
    玉俊水墨画会代表
    伊藤 昌
    S会主宰
    大竹 卓
    東京藝術大学大学院非常勤講師
    岡原 大崋
    南宋画士
    川端 豊次
    墨豊会主宰
    久山 一枝
    新水墨画協会会長
    小林 東雲
    国際墨友会会長
    酒井 祐二
    作家
    篠原 貴之
    篠原貴之水墨画塾主宰
    沈 和年
    上海美術家協会会員
  •  

    新恵美佐子
    画家
    千野 曜生
    群馬県水墨画美術会会長
    千葉 玄象
    全国平成水墨画協会会長
    根岸嘉一郎
    現代日墨画協会会長
    濱中 応彦
    (社)日本水墨画美術協会理事長
    藤﨑 千雲
    千墨会会長
    松井 陽水
    日本墨画協会理事長
    丸山 東子
    湖東会主宰
    村山 華凰
    日本水墨院会長
    王俊 宇瀟
    俊恵書画研究会会長

*以上、敬称略 *委員は都合により変更・交代等する場合があります。

厳正な審査風景

出品者の努力の結晶である作品を、一作品ずつ確かな目で審査していきます。
審査会では先生方の意見が飛び交い、偏らない中正な結論を導き出します。

◯一次審査、二次審査は出品作品を一点一点細かなところまで確認して行われる

  • 審査風景
  • 審査風景

◯最終審査においても、選抜された作品を一点ずつ吟味し、討議の上、序列決定する

  • 審査風景
  • 審査風景

前回の上位作品

内閣総理大臣賞

  • 【作家の部】作家大賞

    〔題名:飛沫〕 F30号
    夏目 和生 さん(大阪府)

    《受賞者より》

    【審査の通知が来た時】
    びっくり、再度確認、家族で万歳三唱しました。

    【作品の制作の苦労】
    構図と、波の砕けた所をどのように表現し、海の荒々しさを出すか。

    【日美展とは】
    自分の作品を向上させる最高の場所。

    【今後の展望】
    地域社会に水墨画の楽しさを今後も広め邁進して参ります。

    【上位入賞のアドバイス】
    技法は数多く取り入れ、自分は何を描きたいのか知ることが大切ではないかと考えます。

    【日美展参加を考えてる人へ】
    全体を描くのではなく、一部をカットし、白・黒で自分らしさ、又、個性的な作品を描いてほしいです。失敗してもおそれず、大胆に水墨画をチャレンジしてほしいと願っております。

文部科学大臣賞

  • 【作家の部】作家大賞

    〔題名:精霊〕 F30号
    八幡 佐起子 さん(奈良県)

    《受賞者より》
     帰宅いたしますと、机の上に封書が置いてあり、どきどき不安を打ち消すように一気に開けました。
     驚きました。「文部科学大臣賞」の文字に老眼の目を凝らし、「本当!」。一呼吸おいて改めて喜びが湧いてまいりました。横で見ている主人に申しますと、「ヘェー」、そしておめでとうと一言。継続は力なりと、のらりくらりと年月を過ごしておりましたのに、「もう止めたら」の言葉は一度もなく、有難い限りです。
     絵は中学校の授業以来、専門的な教育を受けたこともございませんでした。それで自分の中のどこかでコンプレックスを持ち、描けない、描けない!と思い続けてまいりました。公募展もあまり好きではないのですが、何もせずにいると、又、これでいいのかと焦りが出てまいります。自分の立ち位置を感じたい。そんな思いで日美展に出品させていただいておりました。
    今回、素晴しい賞を受け、芸術の道へのスタートラインに立たせて頂いた様に思い、本当にうれしく、いつまで描けるかわかりませんが、墨の美しさを多くの方にご覧頂ける様に作品の制作に取り組んでまいりたいと思います。
     私は神々しく気品のある白い花(特に仏性を感じていただける蓮、睡蓮)が大好きで、見て下さる方に安らぎ、平和を感じて頂けるような作品を描き続けて行きたいと思っております。

玉堂美術館賞

  • 【作家の部】作家準大賞

    〔題名:修行僧・凛然〕 F30号
    飯田 蘭舟 さん(愛知県)

    《受賞者より》
     作品の制作にあたり、構図を考える時、私は写真等を見てそのまま写し取り描くのではなく、描きたい写真等を見つけた時、出来るかぎり旅をして、その場に行く様に(行きたくなる)しています。その場を実際に自分の目で見、その空気を感じたいからです。又、旅をした時の写真やスケッチ、その時の思い等をメモに残しています。同時にパンフレット等も参考に、気持ちを膨らませながら構図の制作にあたっています。この間を私は一番時間をかけています。何日も何ヶ月もかける事もあります。これが良いのか悪いのかわかりませんが、これが私流です。

東京都知事賞

  • 【一般の部】大賞

    〔題名:虎の巣〕 F30号
    丸山 小百合 さん(東京都)

    《受賞者より》
     この度は東京都知事賞をいただきまして、とても嬉しく感激しております。本当にありがとうございました。
     出品作品はブータン西部にあるタクツァン僧院を描きました。チベット仏教の開祖グル・リンポチェが虎に乗って飛来したという伝説から「虎の巣」と名付けられた寺院です。
     険しい山岳の墨色と寺院の白壁とのコントラスト、岩肌には書の線を、背景はもうもうと立ち込める霧をにじみやぼかしを意識しながら描きました。
     これからも絵の中に書の線を活用して、生き生きとした水墨画を描けるよう努力してまいりたいと思います。このたびはありがとうございました。

東京都議会議長賞

  • 【一般の部】大賞

    〔題名:実り F30号
    小野 智美 さん(埼玉県)

    《受賞者より》
     最終審査結果を見た瞬間、息を飲みました。
     「大賞・東京都議会議長賞」この様な素晴しい賞をいただけるとは本当に驚きと感激で夢の様です。ご指導いただいています先生を始め、支えてくれる主人、応援してくれる友人、そしてお世話になりました方々へ、ただただ感謝です。本当にありがとうございました。
     感動を形にするのはとても難しく、ため息の連続ですが、今回の受賞を励みに、これからもこつこつ頑張って行こうと思っています。


無鑑査出品

  • 無鑑査

    〔題名:鉄砲伝来の地〕F30号
    河合 琢真 さん(千葉県)

  • 無鑑査

    〔題名:改元〕F30号
    本田 一誠 さん(東京都)

  • 無鑑査

    〔題名:共生 Ⅱ〕F30号
    吉岡 求里 さん(神奈川県)

  • 無鑑査

    〔題名:歓喜〕F30号
    富永 成風 さん(京都府)

  • 無鑑査

    〔題名:懐古の峠道〕F30号
    高垣 義光 さん(奈良県)

  • 無鑑査

    〔題名:3・11鳥〕F30号
    昆野 芳行 さん(岩手県)

  • 無鑑査

    〔題名:江楼翠蔭〕F30号
    赤池 雙美 さん(東京都)

  • 無鑑査

    〔題名:ザイール川に生きる〕F30号
    川村 愛子 さん(三重県)

  • 無鑑査

    〔題名:待春〕F30号
    八木 美智夫 さん(京都府)

  • 無鑑査

    〔題名:感動を〕F30号
    久保 守近 さん(徳島県)

あなたの作品も一冊の本に掲載される【作品集】も刊行!

会場に展示された≪すべての公募作品≫を収録した豪華作品集も同時刊行します。
予約販売ですので品切れの心配もありません。
あなたの作品が掲載された画集は、大切な記念になります。

御受賞の名誉を華やかにお祝いする表彰式を開催させていただきます。

表彰式では、審査員の先生方をお招きして、ご受賞の名誉を祝します。※以下の写真は都内ホテルにて開催した令和元年の表彰式の模様です。
 令和3年以降の表彰式については、会場の規模等、大きく異なる場合があります。

本展は、ご受賞された皆様の栄誉を祝福するために、毎年、表彰式を行っています。
本式典には、入選以上の方なら、どなたでも無料でご参加いただけます。(要・申込み)

お一人お一人にそれぞれ記名の賞状をご用意いたします。
全国公募の一大絵画展へのご参加で、あなたもその感動を!

「日美展」表彰式は、入選以上のすべての方を対象とした表彰式です。そこには年齢や世代を問わず、喜びや感動を感じていただける特別な時間が流れています。そんなひとときをあなたもお過ごしください。何より、全国から集う同好の方々とのふれあいは、たとえ言葉は交わさずとも、あなたに新たな目標や発見を授けてくれるでしょう。
本展への参加はそんな素敵な創作活動の未来への第一歩でもあります。

【ご注意】
本巡回展は、国立新美術館での【全国公募 第4回 日美展】とは別の行事になります。
会期・会場はそれぞれ異なりますので、ご注意ください。

玉堂美術館巡回選抜展

名 称
玉堂美術館巡回選抜展 【玉堂と日美】
対 象
水墨画部門上位賞より選抜(作家の部大賞・一般の部大賞。作家の部準大賞の一部。)
会 期
令和3年9月9日(木)~10月3日(日)
時 間
午前10時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日)
会 場
玉堂美術館 第二展示室
主 催
一般財団法人 玉堂会(玉堂美術館)
協 力
公益財団法人国際文化カレッジ
概 要
今回展において、水墨画部門上位入賞に選抜された作品から、審査員により「玉堂美術館巡回選抜展」作品を推薦する。作家の部大賞、一般の部大賞、作家の部準大賞「玉堂美術館賞」対象作品は推薦し、上記以外の作家の部準大賞より6点ほどを選抜する。該当者には本展審査結果通知後に、【対象選定通知】及び【展示承諾書】を送付し、本人の同意をもって、展示を確定する。なお、第一回選抜通知によって、展示承諾をしない被推薦者が発生した場合、次点の推薦者に通知を行う。
入館料
所定の入館料が必要です。詳細は玉堂美術館ホームページをご確認ください。
※日美展会期中配布の【水墨画部門出品目録】をご持参いただくと、5名様まで入館料を100円割引いたします(他割引との併用不可。本企画展会期中に限る)。
玉堂美術館ホームページはこちら

東京の奥座敷「御岳渓谷」は、川合玉堂が愛し、晩年を過ごした地。
「玉堂美術館」はその風光明媚な渓谷沿いに立地し、四季折々の美しい自然に囲まれております。