水墨画部門

水墨画部門

水墨画・墨彩画・俳画

中国に生まれ、鎌倉時代に禅宗とともに日本に伝わったとされる水墨画。墨の濃淡を主体とし、にじみやかすれを通じて万物を表現する、その風趣で深遠なる世界に魅せられる人は今も後を絶ちません。この部門では、東洋の伝統絵画である水墨画と、俳句の精神を表現した俳画作品を、流派・社中を超えて募集します。

選考委員会

実行委員は、審査結果と無鑑査の承認の任に当たります。

実行委員長
品川 惠保 公益財団法人国際文化カレッジ理事長
実行委員
河野 元昭 静嘉堂文庫美術館館長・東京大学名誉教授
実行委員
島尾 新 学習院大学教授
実行委員
町田 泰宣 公益社団法人日本南画院会長

審査員

審査は委嘱審査員の中から、当番審査員を選出して行います。

  • 審査委員長

    品川 惠保
    公益財団法人国際文化カレッジ理事長
  • 委嘱審査員

    五十嵐玉俊
    玉俊水墨画会代表
    伊藤 昌
    S会主宰
    大竹 卓
    東京藝術大学大学院非常勤講師
    岡原 大崋
    南宋画士
    川端 豊次
    墨豊会主宰
    久山 一枝
    新水墨画協会会長
    小林 東雲
    国際墨友会会長
    酒井 祐二
    作家
    篠原 貴之
    篠原貴之水墨画塾主宰
    沈 和年
    上海美術家協会会員
  •  

    新恵美佐子
    画家
    千野 曜生
    群馬県水墨画美術会会長
    千葉 玄象
    全国平成水墨画協会会長
    根岸嘉一郎
    現代日墨画協会会長
    濱中 応彦
    (社)日本水墨画美術協会理事長
    藤﨑 千雲
    千墨会会長
    松井 陽水
    日本墨画協会理事長
    丸山 東子
    湖東会主宰
    村山 華凰
    日本水墨院会長
    王俊 宇瀟
    俊恵書画研究会会長

*以上、敬称略 *委員は都合により変更・交代等する場合があります。

厳正な審査風景

出品者の努力の結晶である作品を、一作品ずつ確かな目で審査していきます。
審査会では先生方の意見が飛び交い、偏らない中正な結論を導き出します。

◯一次審査、二次審査は出品作品を一点一点細かなところまで確認して行われる

  • 審査風景
  • 審査風景

◯最終審査においても、選抜された作品を一点ずつ吟味し、討議の上、序列決定する

  • 審査風景
  • 審査風景

前回の上位作品

内閣総理大臣賞

  • 【作家の部】作家大賞

    〔題名:秀峰〕 F30号
    八木 美智夫 さん(京都府)

    《受賞者より》
    第2回日美展・水墨画部門において、栄えある作家大賞・内閣総理大臣賞を賜り、ただただ感激しております。今後も、心の御馳走になる元気をモットーに精進してまいります。  
    審査員の先生、実行委員会の先生、日美展の関係者の皆様、本当に有難うございます。
    月光、日光の結晶を夢見る 八木美智夫

文部科学大臣賞

  • 【作家の部】作家大賞

    〔題名:松陰譜〕 F30号
    登 善彦 さん(兵庫県)

    《受賞者より》
     全国公募第2回日美展の「最終審査結果のお知らせ」を見て、作家大賞・文部科学大臣賞の受賞を知った時は、一瞬とまどうと共にヤッターという達成感で感動いたしました。
     今回の出展作品「松陰譜」は、子供の頃、海水浴や松露(食用きのこ)採りなどに行った、なつかしい故郷の景勝地「国立公園・慶野松原」へ友人とスケッチに訪れた時、思いがけず出合った松の陰影に、風情とリズムを感じ、その思いを描いたものです。
     作品の創作にあたっては、本題の松陰の構図と陰影の濃淡に細心の注意を払いながら、殊に松ぼくりに懐かしい思い出をとじ込め、画面のバランスに配慮し描くとともに、松原の砂浜のアンジュレーション(起伏)と、松の木数本を描き、松原の広がりと遠近感を醸しだしました。
     今後は、今回の受賞をはげみに、人の心に響くような趣きのある画が描けるよう、画題、構図、技法に、そして墨の美しさや濃淡が出せるよう、一層、研鑽・努力したいと思っています。

玉堂美術館賞

  • 【作家の部】作家準大賞

    〔題名:登り窯〕 F30号
    安仁屋 政汎 さん(沖縄県)

    《受賞者より》
     子供の頃から透明水彩画に親しんでいたので、自分にも出来るのではないかと、退職後にユーキャンの「趣味の水墨画」で水墨画を勉強することにしました。水墨画を描くほどに、その表現の奥深さに魅せられるようになりました。今では、毎日の食事と同じくらい大事になりました。
     第2回日美展の審査結果の発表を見て吃驚しました。玉堂美術館賞を受賞するのは信じがたい夢のような出来事で、自分の人生で二度と無いと思います。作品を制作するとき、何をテーマに取り上げるかいつも苦労しています。テーマ探しは一生苦労が報われないかもしれません。でも、この苦労が自分を成長させると信じています。私には師匠はいませんので、作品が完成すると、何日も作品を寝かしています。時々、広げてみたりして修正したりしています。自分に諦めさせたり、次はこうしてみようと考えたりしています。案外、このことが大事なことだと昔から考えていて、現在も寝かせることを続けています。それはテーマ探しにも関係してきます。今後、生きるよろこびやローカルカラー豊かな題材を見つけて、自分の持ち味の出た作品制作を目指したいと考えています。表現技術も未熟な私ですが、今まで以上努力して、自分なりのバタくさい表現を研いで行きたいと思います。

東京都知事賞

  • 【一般の部】大賞

    〔題名:婆々〕 F30号
    新居 左よ子 さん(徳島県)

    《受賞者より》
    ほっぺたをつねってみた
    大賞と東京都知事賞の審査結果でした
    信じられない…。何だろう…。夢?
    受賞式から帰ると、日美展の大賞に選ばれたことが徳島新聞に掲載されて電話のシャワーがあり、こそばい感じでした。
    先生はじめ、夫や子供達、見守ってくれた方々に感謝しました。
    これからが勉強、前を向いていきます。

東京都議会議長賞

  • 【一般の部】大賞

    〔題名:忍野にて〕 F30号
    増田 絹恵 さん(長野県)


無鑑査出品

  • 無鑑査

    〔題名:西馬音内盆踊り〕 F30号
    昆野 芳行 さん(岩手県)

  • 無鑑査

    〔題名:共生〕 F30号
    吉岡 求里 さん(神奈川県)

  • 無鑑査

    〔題名:浩然の気〕 F30号
    河合 琢真 さん(千葉県)

  • 無鑑査

    〔題名:春潮帯雨〕 F30号
    赤池 双美 さん(東京都)

  • 無鑑査

    〔題名:心眼〕 F30号
    本田 一誠 さん(東京都)

  • 無鑑査

    〔題名:白川郷〕 F30号
    小野間 ゆき さん(新潟県)

  • 無鑑査

    〔題名:清涼〕 F30号
    川村 愛子 さん(三重県)

  • 無鑑査

    〔題名:生きる〕 F30号
    富永 成風 さん(京都府)

  • 無鑑査

    〔題名:自灯明〕 F30号
    武田 有加 さん(兵庫県)

  • 無鑑査

    〔題名:響〕 F30号
    松岡 優子 さん(兵庫県)

  • 無鑑査

    〔題名:遠洋航海〕 F30号
    高垣 義光 さん(奈良県)

  • 無鑑査

    〔題名:浸食〕 F30号
    久保 守近 さん(徳島県)

あなたの作品も一冊の本に掲載される【作品集】も刊行!

会場に展示された≪すべての公募作品≫を収録した豪華作品集も同時刊行します。
予約販売ですので品切れの心配もありません。
あなたの作品が掲載された画集は、大切な記念になります。

ご受賞の名誉を祝福する表彰式と親睦会(パーティ)

表彰式では、審査員の先生方をお招きして、ご受賞の名誉を祝します。

本展は、ご受賞された皆様の栄誉を祝福するために、毎年、盛大な表彰式を行っています。
本式典には、入選以上の方なら、どなたでも無料でご参加いただけます。(要・申込み)

親睦会(パーティ)では、上位作品のスライド映写や抽選会など…楽しい企画とともに、全国の同好の仲間と料理を囲んで素敵な時をお過ごしください。

  • ご出品者同士、ご家族同伴などでお食事を楽しまれました。

  • 壇上揮毫などのイベントも懇親会の場を盛り上げます。

  • 審査員の先生が心を込めて描かれた直筆色紙(額入り)が抽選で贈呈される幸運も!

表彰式の後に催す親睦会(有料)では、全国の同好の仲間と料理を囲んで楽しいひと時をお過ごしいただきます。このパーティでは、会場内のスクリーンに上位作品を上映しながら審査員の先生方にポイントを解説していただく「スライド映写会」や、魅力ある景品の数々が当たる「お楽しみ抽選会」も。毎年、楽しい企画が用意されています。(要・申込み)

※壇上揮毫・スライド映写会・抽選会などは開催実績です。開催年度ごとにイベントを決定しますので、内容は変更になる場合があります。