水墨画部門

水墨画部門

水墨画・墨彩画・俳画

中国に生まれ、鎌倉時代に禅宗とともに日本に伝わったとされる水墨画。墨の濃淡を主体とし、にじみやかすれを通じて万物を表現する、その風趣で深遠なる世界に魅せられる人は今も後を絶ちません。この部門では、東洋の伝統絵画である水墨画と、俳句の精神を表現した俳画作品を、流派・社中を超えて募集します。

選考委員会

実行委員は、各部門の審査結果と無鑑査の承認の任に当たります。

実行委員長
品川 惠保 公益財団法人国際文化カレッジ理事長
実行委員
河野 元昭 静嘉堂文庫美術館館長・東京大学名誉教授・「國華」編集委員
実行委員
島尾 新 学習院大学教授
実行委員
町田 泰宣 公益社団法人日本南画院会長

審査員

審査は委嘱審査員の中から、当番審査員を選出して行います。

  • 審査委員長

    品川 惠保
    公益財団法人国際文化カレッジ理事長
  • 委嘱審査員

    五十嵐玉俊
    玉俊水墨画会代表
    伊藤 昌
    S会主宰
    打矢 悳
    悳墨友会主宰
    畝村 石道
    国画水墨院名誉会長
    浦上 義昭
    (公財)日本美術院特待
    王 子江
    日本美術家連盟会員
    大竹 卓
    東京藝術大学非常勤講師
    岡原 大崋
    南宋画士
    岡村 南紅
    南北墨画会会長
    川端 豊次
    墨豊会主宰
    金 醒石
    醒墨会会長
    久山一枝
    新水墨画協会会長
    小林 東雲
    画道院主宰
    潮見 冲天
    (公社) 日本南画院理事長
    篠原 貴之
    篠原貴之水墨画塾主宰
    沈 和年
    上海美術家協会会員
  •  

    杉谷 隆志
    墨美会会長
    高橋 英男
    創造水墨画会会長
    千野 曜生
    群馬県水墨画美術会会長
    千葉 玄象
    全国平成水墨画協会会長
    根岸嘉一郎
    現代水墨画協会理事長
    濱中 応彦
    (社)日本水墨画美術協会専務理事
    藤﨑 千雲
    千墨会主宰
    馬 驍 
    馬驍水墨画会主宰
    松井 陽水
    現代墨画陽水会主宰
    松本 深雪
    作家
    丸山 東子
    湖東会主宰
    村山 華凰
    日本水墨院理事長
    山田 大作
    近代水墨院会長
    姚 小全
    河北工芸美術学院客座教授
    吉見 公子
    遊墨民主宰
    王俊宇瀟
    俊恵書画研究会会長

*以上、敬称略 *委員は都合により変更・交代等する場合があります。

厳正な審査風景

出品者の努力の結晶である作品を、一作品ずつ確かな目で審査していきます。
審査会では先生方の意見が飛び交い、偏らない中正な結論を導き出します。

◯一次審査、二次審査は出品作品を一点一点細かなところまで確認して行われる

  • 審査風景
  • 審査風景

◯最終審査においても、選抜された作品を一点ずつ吟味し、討議の上、序列決定する

  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景

前回の上位作品

内閣総理大臣賞

  • 【作家部門】作家大賞

    〔題名:雨後(蘭陽キャンパスにて)〕F30号
    赤池 双美 さん(東京都)

    《受賞者より》
     昨年、一般部門で大賞を頂き、今年初めて作家部門に出品致しました。!まさか!大賞(内閣総理大臣賞)の最終審査結果を受け取る事に成るとは…。受賞式を終えた今でも、未だに実感が湧きません。
     御指導を頂いている先生、教室のお仲間、そして友達・家族も一緒に喜んでくれた事が、とても嬉しく、有難く思います。
     老いても生涯続けられると思い始めた水墨画で、沢山のお仲間と知り合い、受賞式では御高名な先生方にもお逢いする事が出来ました。これを励みに、もっと精進しなければと肝に銘じております。
     どうぞ、これからも、ご指導賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

文部科学大臣賞

  • 【作家部門】作家大賞

    〔題名:明日へ〕F30号
    久保 守近 さん(徳島県)

    《受賞者より》
     最終審査の結果通知を受け取った時、我が目を疑い、挙句の果てに妻に確認してもらい夢でないことが理解できました。
     ラグビーを主題に描き続け、3年間出展いたしましたが、今回の「明日へ」は昨秋、日本が南アフリカに歴史的勝利をおさめた時に、15人が円陣を組んでいるのを下から見上げた構図で描く事を思いつき、日本ラグビーの「明日」を感じて題名としました。
     製作で悩んだ点は作品の向きです。右側を下にして描き進めましたが、何か面白味が無く、最後に左に90度回して太陽を入れて完成させました。
     表彰式後の懇親会と展示会移動後に審査員の先生方や出展者の皆様とお話が出来る事は、とても嬉しく思います。話の中で自分の悩んでいる事に対する何かのヒントを得る事も出来ます。
     今後の目標は、もっと「墨の表現力」を付ける事ですが、一朝一夕でならない事は承知しており、まだまだ悩み続けるつもりです。

玉堂美術館賞

  • 【作家部門】作家準大賞

    〔題名:寂〕F30号
    長崎 光江 さん(東京都)

    《受賞者より》
     昨年に体調を崩し、今年の公募展は無理な状態でしたが、先生に促がされ、なんとか出品致しました。本来私は現地に行き、かなりしっかりスケッチして作品を作りますので、スケッチがなければどうにもなりません。
     今回は、随分昔のスケッチブックから本作品の元をなんとか見つけ完成させました。そんな具合ですからもともと力を入れることもなく、自由に楽しく描けました。
     とにかく、どなたかに“見て頂けるだけ”が目標ですから、審査結果通知の封筒を開けて“びっくり仰天”です。“玉堂美術館賞”“何それ”です。思ってもみない結果に、思わず恐ろしくなりました。
     今思えば、力まず欲張らず楽しく描く、これが大切ですね。次回は前もってきちんとスケッチして、慌てずのんびり描こうと思います。水墨画を愛した亡き母もきっと驚いていることでしょう。母の為にもこれから精進するつもりです。

東京都知事賞

  • 【一般部門】大賞

    〔題名:曙光〕F30号
    北山 栄子 さん(青森県)

    《受賞者より》
     びっくりしました。まだ3回目の出品でしたし、こんな大きな大賞、東京都知事賞を受賞するなんて、ただ感激です。
     今回は題名を決めていたので、朝日が登るチャンスを、毎日待ちかまえておりました。雲の流れの中から出る光、一瞬の光の動き、白、灰、黒のグラデーションなどを頭の中に入れます。
     水と墨の動き、水を使い過ぎかなど、試行錯誤しながら何枚も描き続け、乾くのを待って沢山描いた絵の中から1枚出品しました。
     私にとって日美展は3回目で、年に一度の楽しみにしておりました。毎年、会場で皆様の絵を見ると、次にこんなのを描きたいナ…と次に描く作品のイメージが湧き、創作意欲がわいてきます。これからまた来年に向かって頑張っていきます。
     私が日美展に出品した理由は、生きているうちに一度、六本木にある国立新美術館に作品を出して見たいと思った事がきっかけです。皆さんも臨画からでいいので頑張って出して見ませんか。

東京都議会議長賞

  • 【一般部門】大賞

    〔題名:ひととき〕F20号
    鈴木 満千子 さん(東京都)

    《受賞者より》
     墨の美しさに魅せられて水墨画を習いはじめて10年。試行錯誤の連続でしたが、今回この様に大きな賞をいただき、とても嬉しく思います。これからも墨色の美しさを追求していきたいと思います。
     まだスタートラインに立ったばかりだと思っていますので、学ぶべき事がたくさんありますが、この事(賞)が励みになります。有難うございました。


無鑑査出品

  • 無鑑査

    〔題名:永遠の感動〕F50号
    河合 琢真 さん(千葉県)

  • 無鑑査

    〔題名:降りやまぬ雨〕F50号
    宮村 有紀 さん(神奈川県)

  • 無鑑査

    〔題名:氷の息吹〕F50号
    吉岡 求里 さん(神奈川県)

  • 無鑑査

    〔題名:大地のうねり(褶曲)〕F50号
    川村 愛子 さん(三重県)

  • 無鑑査

    〔題名:渓声百雷曽木の滝〕F50号
    高垣 義光 さん(奈良県)

  • 無鑑査

    〔題名:水温む〕F30号
    小野間 ゆき さん(新潟県)

  • 無鑑査

    〔題名:凡聖一如〕F30号
    富永 成風 さん(京都府)

  • 無鑑査

    〔題名:空波〕F30号
    松岡 優子 さん(兵庫県)

  • 無鑑査

    〔題名:奇橋 猿橋〕F20号
    中村 光信 さん(山梨県)

あなたの作品も一冊の本に掲載される【作品集】も刊行!

会場に展示された≪すべての公募作品≫を収録した豪華作品集も同時刊行します。
予約販売ですので品切れの心配もありません。
あなたの作品が掲載された画集は、大切な記念になります。

ご受賞の名誉を祝福する表彰式と親睦会(パーティ)

表彰式では、審査員の先生方をお招きして、ご受賞の名誉を祝します。

本展は、ご受賞された皆様の栄誉を祝福するために、毎年、盛大な表彰式を行っています。
本式典には、入選以上の方なら、どなたでも無料でご参加いただけます。(要・申込み)

親睦会(パーティ)では、上位作品のスライド映写や抽選会など…楽しい企画とともに、全国の同好の仲間と料理を囲んで素敵な時をお過ごしください。

  • ご出品者同士、ご家族同伴などでお食事を楽しまれました。

  • 席上揮毫などのイベントも懇親会の場を盛り上げます。

  • 審査員の先生が心を込めて描かれた直筆色紙(額入り)が抽選で贈呈される幸運も!

表彰式の後に催す親睦会(有料)では、全国の同好の仲間と料理を囲んで楽しいひと時をお過ごしいただきます。このパーティでは、会場内のスクリーンに上位作品を上映しながら審査員の先生方にポイントを解説していただく「スライド映写会」や、魅力ある景品の数々が当たる「お楽しみ抽選会」も。毎年、楽しい企画が用意されています。(要・申込み)