絵画部門

絵画部門

油絵・水彩画・日本画・デッサン
パステル・色鉛筆画・ちぎり絵・絵手紙

絵画の王様と言われる油絵、多彩な表現が可能な水彩画、自然由来の材料で描く日本画、単色の濃淡で対象物を表現するデッサン、独特の色合いと質感が魅力のパステル画、細密かつ彩り豊かな表現が楽しめる色鉛筆画、ちぎった和紙を貼り合わせて雅趣ある世界を表現するちぎり絵、文字と絵によって心を伝える絵手紙など、個性豊かな8つのジャンルで作品を募集します。

選考委員会

絵画部門の各ジャンル別の審査を経た後、全ジャンルを横断しての上位作品の選考に当る審査委員会を設置しています。

審査委員長
品川 惠保 公益財団法人国際文化カレッジ理事長
選考委員
川口起美雄 洋画家
選考委員
千足 伸行 成城大学教授
選考委員
中野 淳 新作家協会代表
選考委員
永井龍之介 永井画廊代表取締役

審査員

  • 油絵の部

    板倉 䁘
    立軌会同人
    遊馬 賢一
    立軌会同人
  • 水彩画の部

    岸本庄八郎
    現代日本美術展、日本国際美術展など出品多数
    西丸 式人
    彩画会・アスール主宰
  • パステル画の部

    たのい俊一
    磯子パステル画教室主宰
    大枝隆司郎
    多摩美術大学講師
  • 色鉛筆画の部

    大枝隆司郎
    多摩美術大学講師
  • デッサンの部

    村松 昌三
    日本美術家連盟会員
  • 日本画の部

    山本 真也
    日本美術院特待
    井坂 洋一
    日本美術院院友
  • ちぎり絵の部

    早川 美子
    和紙ちぎり絵作家、アート・チギリエ主宰
    大森 恭子
    ちぎり絵講座添削指導講師
    玉井 祐子
    ちぎり絵講座添削指導講師
  • 絵手紙の部

    花城 祐子
    絵手紙花の会主宰
    森川百合子
    絵手紙講座添削指導講師

厳正な審査風景

出品者の努力の結晶である作品を、一作品ずつ確かな目で審査していきます。
大賞選考委員会の審査では、部門を超えた議論が展開され、熱気溢れる選考が行われます。

  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景

前回の上位作品

文部科学大臣賞

  • 【油絵部門】大賞

    〔題名:白い者たち〕F30号
    岩本 将弥 さん(愛知県)

    《受賞者より》
     この度は「文部科学大臣賞」を頂き、誠にありがとうございます。
     油絵を始めた時からずっと憧れていた美術館で展示できたことをとても嬉しく思います。
      また、懇親会では審査員の先生方の講評、他の出品者との交流等、今後の制作に繋がるとても有益な時間を過ごすことができました。
     今回頂けた評価を糧に今後も頑張りたいと思います。

外務大臣賞

  • 【パステル画部門】大賞

    〔題名:紅葉のハウステンボス〕F30号
    濱﨑 秀夫 さん(長崎県)

    《受賞者より》
     絵画は若い頃よりいつも趣味として描いており、これまでも地方の県展、市民展には度々出品しておりましたが、全国公募(日美展)には第15回目から挑戦を始めました。今回、3度目の挑戦となりましたが、思いがけず外務大臣賞という大賞をいただき大変感謝しておりますとともに、家族一同喜んでおります。  
      私は引揚げ経験者であり、満州の広漠としたコーリャン(高粱畑)の大地から緑の草木の美しい箱庭のような内地の景色を見てまいりました。今回、私が作品の題材として選びましたハウステンボスは、私の自宅から車で10分ほどの距離にあるテーマパークですが、非常に美しい花畑や青い海が広がるところで、度々出かけてはスケッチしております。私も85歳という高齢になりましたが、今後も生涯の趣味として日々研鑽するつもりです

参議院議長賞

  • 【油絵部門】大賞

    〔題名:鍵掛峠より大山を眺む〕F30号
    佐野 常世 さん(大阪府)

    《受賞者より》
     会社勤めを66才で終えて、永年思い続けていた「定年後は油絵を描く」を即実行に移しました。大阪府北部コミュニティカレッジで2年学んで、昨年、「日美展」にF20号で初応募しました。
     描きたかった風景画を、スケッチ・水彩で下絵、キャンバスに移して2カ月で仕上げたものでしたが「秀作」を受賞し、大変嬉しく、有難く励みになりました。
     今回は前年より上位の賞を得たい想いで、描きたいものを求めて、10月の終りにスケッチ旅行で岡山・鳥取へ行き、鍵掛峠からの大山を眺めて決め、F30号を3カ月余りで描き上げました。
     描きたいもの、感動を受けたものを描く事は当り前の様ですが、大切な要素であると思っています。人々に感動を与えられる油絵を今後も続けて行くつもりです。
    今回、私が得ることの出来た、大賞受賞の感動を一人でも多くの皆様が得られます様、祈念申し上げます。


準大賞

  • 【油絵部門】

    〔題名:満開のサルスベリ〕F30号
    藤山 頼三郎 さん(東京都)

  • 【油絵部門】

    〔題名:湖畔―その1〕F30号
    河西 澄夫 さん(東京都)

  • 【油絵部門】

    〔題名:晩秋〕F15号
    横山 忠昭 さん(岡山県)

  • 【水彩画部門】

    〔題名:影を追って アルベロベッロ〕F30号
    増田 庄次 さん(宮崎県)

  • 【水彩画部門】

    〔題名:雪のチェスキークルムロフ〕F20号
    寺本 明美 さん(京都府)

  • 【水彩画部門】

    〔題名:南の海・宮古〕F8号
    多度津 舜三 さん(大阪府)

  • 【色鉛筆画部門】

    〔題名:深海の貴婦人〕F15号
    山田 茂夫 さん(東京都)

  • 【デッサン部門】

    〔題名:祖父の家 祖母の庭〕F8号
    真田 綾花 さん(福岡県)

部門別最優秀賞

  • 【油絵部門】

    〔題名:米寿を迎えた母・思い〕F30号
    菅原 文雄 さん(宮城県)

  • 【水彩画部門】

    〔題名:仲良し「パカパカ塾」〕F20号
    小林 勝 さん(長野県)

  • 【日本画部門】

    〔題名:古木〕F30号
    林 良助 さん(熊本県)

  • 【パステル画部門】

    〔題名:祈る〕F30号
    藤井 容子 さん(山口県)

  • 【色鉛筆画部門】

    〔題名:紅の浪〕F10号
    吉田 由莉 さん(千葉県)

  • 【デッサン部門】

    〔題名:NAGOMI-2016〕F30号
    北澤 春季 さん(神奈川県)

  • 【ちぎり絵部門】

    〔題名:木漏れ日〕F8号
    須藤 英子 さん(栃木県)

  • 【絵手紙部門】

    〔題名:ガンバレ私〕巻き手紙
    山本 敬子 さん(東京都)

あなたの作品も一冊の本に掲載される【作品集】も刊行!

会場に展示された≪すべての作品≫を≪オールカラー≫で収録した豪華作品集も同時刊行します。
予約販売ですので品切れの心配もありません。
あなたの作品が掲載された画集は、大切な記念になります。

ご受賞の名誉を祝福する表彰式と親睦会(パーティ)

表彰式では、審査員の先生方をお招きして、ご受賞の名誉を祝します。

本展は、ご受賞された皆様の栄誉を祝福するために、毎年、盛大な表彰式を行っています。
本式典には、入選以上の方なら、どなたでも無料でご参加いただけます。(要・申込み)

親睦会(パーティ)では、上位作品のスライド映写や抽選会など…楽しい企画と
ともに、全国の同好の仲間と料理を囲んで素敵な時をお過ごしください。

  • ご出品者同士、ご家族同伴などでお食事を楽しまれました。

  • 抽選イベントで会場も盛り上がります。当選者には、品川理事長より記念品を贈呈!

  • スライド映写会で作品を的確に講評する永井龍之介先生。

表彰式の後に催す親睦会(有料)では、全国の同好の仲間と料理を囲んで楽しいひと時をお過ごしいただきます。このパーティでは、会場内のスクリーンに上位作品を上映しながら審査員の先生方にポイントを解説していただく「スライド映写会」や、魅力ある景品の数々が当たる「お楽しみ抽選会」も。毎年、楽しい企画が用意されています。(要・申込み)